ジャズとエンジニア

ジャズやサイエンスやアニメなどの話を綴ります.

MENU

SONY NW-A26HNが良さそうなのでスペックとか調べてみた

先日の記事でappleとwalkmanの比較をしてみましたが、その時の有力候補がNW-A26HNをはじめとするNW-A20シリーズでした。

 価格もすでに記事を書いたころより落ち着いきつつあり、詳細を調べるとかなり音質やスペック等が良さそうなので色々と調べてみました。

 

  音質

まず音質に関しては色々こだわっているみたいでして公式HPを見ると、

  • 高純度無鉛高音質はんだ採用!
  • 低抵抗ケーブルを採用し、重厚な低音を実現!
  • 厚膜銅箔プリント基板で、濁りのない音色
  • プリント基板にフィルドビア構造を採用し、配線インピーダンスの低減
  • コンデンサーに「POSCAP」を採用し、透明感のある音質に

 ・・・などなど色々書かれているんですが、これだけだと良く分かりませんね(笑)

こればっかりは聴いて判断するしかないです(^_^;)

 

 APPLEに比べると圧倒的にこういうところには力を入れているんでしょうが、筐体の大きい高級機種のNW-ZX2に比べると劣る(そもそも大型電界コンデンサなどはこちらには入らない)…というのはあるでしょう。

 

ハイレゾとそれを実現するフルデジタルアンプ「S-Master HX」はなかなか良さそうで、S-Master HXは従来のS-Masterよりもホワイトノイズが減っており、NW-ZX2にも使用されており、実績は抜群です。 

 

そして98%の騒音をカットするデジタルノイズキャンセリングに、圧縮音源をクリアに再現する「DSEE(高音域補完)」は雑音だらけの電車で圧縮音源を聴いている私にとっては完全マッチです(笑)

 

  ヘッドフォン

型番の後ろにHNの付く機種はハイレゾ対応イヤホン付きですね。

 

普通のイヤホンだと再生周波数が20kHz程度ですので、ほとんどハイレゾの恩恵を受けることができません。通常のMP3やAACではサンプリング周波数44.1kHzですが、ハイレゾだと196kHzですので、普通のイヤホンですとせっかくハイレゾで再生される音域がほぼカットされてしまします(ガビーン!)

 

ヘッドフォン付きとなしだと価格差は3000円程度ですので、こちらにしておくのが無難でしょうね。しかし3000円のハイレゾ対応イヤホンと10000円のハイレゾ非対応イヤホンでハイレゾ聴くとどちらがいい音するかというと10000円の方な気がするんですがどうなんでしょう(^_^;) 

 

SDカード

素晴らしいのはこの機種、microSDカードにも対応しているのです。

価格は最安の16GBのNW-A25で23,000円程度ですが、64GBのmicroSDを3000円位で買ってきてつければ26,000円程度でNW-A27以上の容量になるわけです。

 

ハイレゾでCD入れようもんならアルバム1枚で1.5GB位必要ですから、これは非常に大きいです!というかこれなら4万もするNW-A27を買う必要があまりない気がします(^_^;)

 

Media GO

これは一番心配なところですね・・・

 

いままでずっとitunesを使ってきましたし、Sonyのソフトはあまり評判も良くありませんので。ただこの機種は普通のUSBメモリーのようにドラッグ&ドロップでファイルを入れることができますので、Media Goを使わなくても大丈夫ではあります。

 

そもそもappleも他と互換性のないライトニングケーブルで、これだけiOSというのも面倒なので乗り換えもいいかと思っております。

 

終わりに

ということでNW-20シリーズを評価してみましたが、いかがでしたでしょうか?

少しでも参考になりましたら幸いです♪