ジャズとエンジニア

ジャズやサイエンスやアニメなどの話を綴ります.

MENU

サンハーラの感想とサザンアイズの思い出を語ってみる

 林原めぐみさんの最新シングル「サンハーラ~聖なる力~」を購入しました☆

 このブログを読んでる人の大部分はなんのこっちゃとなるかもしれませんが、私は15年来のめぐさんファンなのです(*^▽^*)

 

 正直ジャズのCDはレンタルでもいいのですが(こらっ)、めぐさんのCDだけは必ず買うようにしています。(いわゆるお布施的な笑)

 

 ファンとしての所有欲もありますが、私の人生の大半をラジオで支えてくださっためぐさんへ、少しでも応援ができればと思って購入しています。

 

  しかも今回は私の好きなサザンアイズの曲です。

サンハーラ

 (アルバム+アニメイト特典のブロマイド、クリアファイル)

  

 ジャケット写真はネットでも「怖すぎる」「吐きそう」と話題になったチョーヒカルさんのボディーペイントですね。(吐きそうはご本人いわく褒め言葉とのこと笑)

 

 ちなみにサザンアイズは15年間ヤングマガジンで連載された高田裕三先生の作品で、ヒロインのパイとそのもうひとつの人格である三只眼の声をめぐさんが担当されています。

 以下、曲の考察です。

 

1.サンハーラ~聖なる力~

 タイトル曲のサンハーラは、黄金コンビのMEGUMI作詞・たかはしごうさん作曲です。

 曲全体に使われている民族楽器風なストリングスやボイスが絶妙にサザンアイズ感満載です。(分かる人には分かるTAKADA BAND感です)

 

 原作ではサンハーラというのは全人類を滅ぼす儀式のことで、歌詞もかなりシリアスよりです。三只眼目線での孤独な日々のこと、大切な人(=八雲orもう一人の私?)が描かれています。

 

 2.もう一人の私

 こちらもめぐさん作詞のたかはしごうさんの作曲で、もう一人の私=パイの目線で描かれた曲になります。少し柔らかい歌い方になっているのはパイをイメージしているのでしょう。

 

 サンハーラは少し抽象的に原作をイメージした感じでしたが、こちらは原作のパイが三只眼を想う気持ちをイメージして作詞されているように感じます。

 

  めぐさんの原作への思いが感じられて素晴らしいです!

 

 3.raks-ati~君を守る

 こちらはテレビゲームのサザンアイズ転輪王幻夢の主題歌だった曲ですね。

 いままでゲーム以外ではCD化されてなかったので、聴いたことのないファンにとっては新鮮だったと思います。まあ・・・ 

DSC_2217.jpg

 もちろん私は持っているんですが(笑)

 

 CDが増えすぎたので、ケースを捨ててしまっているのがすこし残念ですが(>_<)、ジャケットや裏表紙などは残していつでも復活できるようにしてるのでいいでしょう。

 

 4.Stay

 こちらはドラマCD地の巻に収録されていた八雲役の辻谷耕史さんとめぐさんのデュエットになっています。(もちろん地の巻もry)

 この曲もすごくいい曲ですよね。

 

 サザンアイズの曲全体ですが、民族楽器を用いたアレンジで20年は昔の曲なんですが、今聞いてもめちゃ素晴らしい。  

 

サザンアイズの思い出

 サザンアイズは個人的にすごく思い出深い作品で大好きなのですが、原作は4部構成で40巻ある大作なので結構読むのは根性がいります(^_^;)

 OVA化もされている第1部・2部の1~5巻が名作なので、ここを読んで気に入れば続きを集めるというのでどうでしょう(^^)

  

 私が読み始めたのはサザンアイズが終わってすぐの2003年からで、ちょうど林原さんのラジオを聴き始めた頃に、DVDボックス化に伴う歌の新録等で色々お話をされていたので興味をもって読み始めました。

 

  一番多感なころで、今まで読んだことのない青年漫画でかなりグロくて衝撃だったのと、なんせパイがかわいくて夢中になりました。

 

 原作が終了して10年以上たって、もうサザンアイズを思い出すこともあまりなくなっていたころに、再マンガ化されて、しかもめぐさんのCDまで出て、パイの声も聴くことができて本当に感慨深いです。

 

 10年以上音信不通で合うことのできなかった親友に会えたような気持ちですね。

 

 

(相変わらずパイの声はかわいいのですが、このパイはめぐっちすぎませんか(笑)(ハートフル聴いてない人にはわからない←)

 

 ってなわけで話は尽きませんが、今日はここまでにします。

 昔の作品がリバイバルされるのって色々な意見もあるかも知れませんが、私にとっては本当にうれしいことでした。

 

  めぐさん、高田先生、本当にありがとうございます!!