ジャズとエンジニア

ジャズやサイエンスやアニメなどの話を綴ります.

MENU

現代最高峰ジャズギタリストKurt Rosenwinkelのおすすめアルバム3選

(2018/12/7更新)

カート ローゼンウィンケルはNYを中心に活動されている、コンテンポラリージャズギタリストのトップを行く超名手。 

 

ジャズギターらしい濃密でまったり系の音色にスケール感の強いテクニカルなフレーズを多用するところはパットメセニーに通じるところもありますが、メセニーのように前衛的な演奏ではなく、オーソドックスな編成でとにかくプレイを堪能させるタイプですね。 

今回はそんなカートのアルバムをレビューしていきます! 

 

Reflections

おすすめ度:★★★★★

1. Reflections  2. You Go to My Head 3. Fall 4. East Coast Love Affair 5. Ask Me Now  6. Ana Maria 7. More Than You Know 8. You’ve Changed

リフレクションズ

リフレクションズ

 

 私の一番好きなカートのアルバムです! 

ジャケットには美しい夜の町と水面に反射したその景色が描かれており素晴らしいです。

 

曲もジャケットに合ったギタートリオですごくまったりとした静かな曲が多く、夜に聴くのにいい感じ(^^♪ 

このアルバムはスタンダード集で、難解なソロよりも和音を交えた分かりやすいメロディアスなソロが多いです。

 

トリオなのにすごく濃密でまったりとした包み込むようなギターの音色が極上なんですよね~。 

 

すごく聴きやすいですしギター弾き以外のお方にもオススメです♪ 

 

Kurt Rosenwinkel - Improvisation on Reflections (2004)

カートがソロで8分近くReflectionsでアドリブソロを弾く動画。

最高すぎる(^p^)

www.youtube.com

 

The Remedy

おすすめ度:★★★★★

1. Chords 2 .The Remedy 3.Flute 4.A Life Unfolds 5 .View From Moscow 6 .Terra Nova 7 .Safe Corners 8 .Myron's World

レメディ~ライブ・アット・ヴィレッジ・バンガード

レメディ~ライブ・アット・ヴィレッジ・バンガード

 

 これはカートのヴィレッジバンガードでのライブ盤ですね!

ギター、サックス、ピアノ、ベース、ドラムのクインテッドですが、それぞれのメンバーの長いソロを堪能できます。

 

 2枚組で4曲ずつ計8曲入っていますが、すべて10分以上!1曲平均15分超えです(笑) 

そしてReflectionsとは違い単音メインでスケール感の強いソロが多くなっています。

ヤフー知恵袋にフレーズ詰め合わせの個人練習かよ!とか書いている人がいましたが(笑)、この音の洪水がくせになっていいんですよ~!

 

 欠点は初心者にはとっつきにくいことと、通勤時に聴いていると2~3曲位しか聴けないことです(^_^;) 

 

Kurt Rosenwinkel Group - View From Moscow - 2006

白熱のセッションView From Moscow

素晴らしすぎて聴き入ってしまう・・・

www.youtube.com

 

Deep Songs

おすすめ度:★★★★☆

1. The Cloister 2. Brooklyn Sometimes 3. The Cross 4. If I Should Lose You 5. Synthetics 6. Use Of Light 7. Cake 8. Deep Song 9. Gesture 10. The Next Step

Deep Song

Deep Song

 

 こちらはJoshua RedmanBrad Mehldauという大物との共演の作品です!

編成としてはThe Remedyと同じですが、こちらは弾きまくりのソロというよりも3者のバランスのいいソロが聴けます! 

 

カートの押し寄せるフレーズの嵐はやっぱり中毒性が高くて癖になりますし、⑤や⑦のサックスが前面にでたイケイケな曲からバラードまでバラエティー豊かに聴かせてくれます! 

Joshua RedmanBrad Mehldauのソロも素晴らしいのですが、カートがほぼバッキングしないので、バッキングオタとしては少しさみしいかも(^_^;) 

 

Kurt Rosenwinkel group with Joshua Redman - Jazz a Vienne (2004)

Brad MehldauJoshua Redman という超名手を加えたクインテッドでのライブ。

www.youtube.com

 

おわりに

ってなわけでコンテンポラリージャズギタリストカートローゼンウィンケル(長い!(笑))のアルバムレビューでした! 

 

今後もジャズギターの先頭を走っていくであろうカートの動きには注目していきたいと思っています☆