ジャズとエンジニア

ジャズやサイエンスやアニメなどの話を綴ります.

MENU

Esperanza Spaldingのアルバム「Esperanza」レビュー

今日はジャズボーカル&ベースの天才Esperanza Spaldingのおすすめアルバムを紹介いたします。まずはこの動画をご覧ください。

 最初にエスペランザを知った時はびびりました。

コンバス弾きながら歌ってる!しかも歌めちゃくちゃうまい!」みたいな。  

そんなエスペランザのおすすめアルバムは2008年発売のセカンドアルバムになります。

Esperanza

おすすめ度:★★★★☆

01. Ponta De Areia 02. I Know You Know 03. Fall In 04. I Adore You 05. Cuerpo Y Alma (Body & Soul) 06. She Got To You 07. Precious 08. Mela 09. Love In Time 10. Espera 11. If That's True 12. Samba Em Preludio

ESPERANZA

ESPERANZA

 

 のびやかなボーカルが本当にここちよいです。

ジャズが苦手な人でも、海外女性シンガーが好きな人なんかはすんなり入っていけると思います。

個人的に好きなのは、心地よくてかわいらしい②、美しい歌声の堪能できるバラードの③、スリリングスな展開にサックスソロもかっこいい⑥、とにかくかっこいい⑦⑩、美しくミステリアスに締めくくる⑫等ですね。

またアルバム全体にストーリー性の高い「Radio Music Society」なんかも好きですが、今回はジャズ度の高さ的に「Eeparanza」を選んでみました。

ということで参考になりましたら幸いです♪