ジャズとエンジニア

ジャズやサイエンスやアニメなどの話を綴ります.

MENU

AQUAPIT アルバムレビュー

今回はレビュー記事ですが、オルガントリオのAQUAPITのメジャー1stアルバム「AQUAPIT」のレビューをいたします!

AQUAPITは”金子雄太小沼ようすけ、大槻 "カルタ" 英宣”の3人からなるオルガントリオですがギタリストの小沼さんの影響で聴き始めた人も多いのではないでしょうか?

かくいう私も小沼ファンの一人で、プレイが本当に洗練されていて素晴らしいのですよね。

もちろんジョーパスもジムホールもメセニーもジョンスコも皆好きなんですが、外国人とは違うすごく繊細で洗練されているんですが、情感ある演奏で大好きなギタリストです。

ではAQUAPITのレビューにうつります。

AQUAPIT

おすすめ度:★★★★☆

1. ストリート・ライツ2. H.S.B. 3. ウィザード 4. 半袖 5. モノローグ 6. バブル 7. サム・アップ! 8. ジレンマ 9. リバー 10. 鳩 11. エピローグ

 

Aquapit

Aquapit

 

 2011年発売の1stフルアルバムです。

小沼ようすけ名義のものと同じく非常に洗練された雰囲気のアルバムです。

コンテンポラリージャズにファンクとテクノを足したような感じでしょうか。

オルガンの独特な倍音たっぷりで壮大な音の波の中でギターが泳ぐように歌っています。たまらんです笑

 

素晴らしいのは④半袖⑤Monologue⑥Bubbleの並びですね。

④は疾走するような前半~中盤から、終盤の圧巻のギターソロが最高に盛り上がります。

⑤これがやっぱりアルバム内個人的ベスト。このアルバムではほぼ唯一のバラード曲ですが、オルガンの表現力抜群の音の中でギターがクールで熱いソロを聴かせます。

⑥これはほんとにBubbleのようです。オルガンの跳ねる感じとか、ギターの反響するディレイ音がまるで水の中にいるような気分にさせてくれます。プレイは跳ねる水面から奥深くまで場面を変えながら、疾走感あふれるプレイが聴けます。

他にはクールでオルガンの気持ちいい①②⑧とか熱い⑩あたりが好きかな…

 

2ndのOrangeも素晴らしいのでこちらもオススメいたします。

それでは、参考になりましたら幸いです♪